PR
Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
みんなのブログ
ハロー!でつながるみんなのブログ
TIME
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
あわじ花さじき&県立淡路島公園

まもなく近畿地方は梅雨入りです

 

6月22日(土)晴れ

国営明石海峡公園からフラワーリングバスで20分弱

あわじ花さじきに到着しました。

 

 

ここは3年前の9月、大塚美術館鑑賞ツアーに参加した時に

O嬢と家内と3人で訪れています。

その時は赤とブルーのサルビアが満開でした。

 

 

今回のお花畑はバーベナのお出迎えです。

三尺バーベナと立札がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

可哀想にモンシロチョウの羽根がちぎれています。

それでも他のたくさんの蝶と一緒に精一杯飛び回っていました。

 

 

 

夏ソバ

 

満開まではもうちょっとですね。

 

 

クレオメも満開まではもう少しでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アジサイはこれで全部です。おまけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤いサルビアはもうちょっと時間がかかりそうです。

 

 

 

 

 

世界平和大観音像

 

遠目にはカッコイイですね。

コンクリート製で、5階建ての台座部分(約20メートル)を含めると、

大阪の通天閣に匹敵する約100メートルの高さがあります。

昭和57年夏に観光施設として建設されましたが、相続放棄などで現在は

所有者不在の、やっかいな建造物だそうです。

 

 

さっ、馬に乗って次の目的地に行きましょうか。

 

県立淡路島公園

14:44 フラワーリングバスはほぼ正確に到着。

 

公園面積134.8haという広大な敷地です。

どのくらい大きいかって?

東京ドームが4.7haって言うから、東京ドーム約28個分です。

 

アジサイまつりを見に来たけど、場所の見当が付かない。

来場者に聞いてみたけど…

さぁ?

結局、親切なスタッフに助けられ車でアジサイの谷入口まで運んで

もらった。(通常料金500円)1.5km位あるらしい。

 

 

 

 

 

約1万株のアジサイが色鮮やかに咲き誇ります。

って案内に書いてありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

谷底にどんどん下って行きます。

 

 

 

所々に「ニジゲンノモリ」のイベント施設が出てきました。

火の鳥というナイトショーがあるそうですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この花はカンナの種類でしょうか?

 

 

 

 

 

 

これもニジゲンノモリのアトラクションです。

 

大型のローラーすべり台や自然の木を使ったアスレチック遊具、

水上遊具のある水の遊び場、大きな芝生広場など子供も、大人も

一緒に楽しめる空間です。

 

 

これはジップライン

到着寸前に大砲から大量の水が発射され、ずぶぬれ?になります。

 

 

クレヨンしんちゃん

 

何してるのかなー

 

 

タイサンボクの大きな花がありました。

 

 

明るい緑がきれいです

 

 

この芝生広場は桁違いに広大です。

 

 

淡路島公園17:19発のフラワーリングバス最終便に乗車、岩屋港に

向かいます。

18:00の明石港行きのジェノバラインに乗船、明石海峡大橋を眺め

ながら明石に戻ってまいりました。

この日も2万歩近く歩きました。

翌日、足が痛いとか全くありません。翌々日もです。

 

紫陽花紀行 今年も無事に終わりました。

遅れていた近畿地方の梅雨入りは27日ごろです。

またお会いしましょう

 

posted by: 春さん | | 06:02 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
春さんの紫陽花紀行 国営明石海峡公園

初夏の花めぐり アジサイ&ユリ

 

6月22日(土)晴れ

O嬢とのカメラ紀行、船とバスによるアジサイの旅です。

JR明石駅で落ち合い、9時発の岩屋港行きのジェノバラインに乗船。

 

9:13淡路島の岩屋港に到着

9:20発の「フラワーリングバス」が待機している。

 

このバスは北淡路の花どころを周遊している。鉄道の無い淡路島を旅する

には大助かりです。

しかも、「高速船往復」と「あわ神あわ姫バス」乗り放題をセットした

花・食巡り1day切符」は1400円で購入できます。

(※フラワーリングバス:2019年度は3/21〜11/4までの土日祝のみ運行)

 

 

国営明石海峡公園

最初の目的地です。公園の淡路口ゲートでバス下車。

 

 

 

 

空のテラス周辺にアジサイ園がありました

 

 

先にアメリカデイゴの燃えるような深紅の花が出迎えてくれた。

 

 

ガウラです。

 

ガウラの穂状に咲く小花が風に揺れる様子は、白い蝶が群れて

飛んでいるようで、やさしい風情が感じられます。

 

アジサイ園、花の谷に到着しました。

 

 

 

 

 

 

 

清流橋

 

日差しは強いですが、木陰に入るとサーッと気持ちのいい風が吹き

抜けます。

 

 

 

 

 

シオカラトンボと赤とんぼの競演

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

清流を渡った所にユリ園がありました。寄り道します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

咲きこぼれるようにたわわなアナベル。一番人気のスポットです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アーティチョーク

 

 

 

和名を朝鮮薊(チョウセンアザミ)と言います。

紫の花びらは針のように尖っていますが、意外にふわふわで20cm

ほどもある大きなアザミです。

 

レストラン花屋敷

 

コメの地ビールや淡路タマネギのカレー、シラス丼などが人気です。

 

 

 

 

スワンボートの乗り場付近にはハンゲショウの白が光ってます。

 

 

東浦口ゲートを抜けウエスティンホテル前のバス停に向かう。

途中の花壇にも手入れされたアジサイが歩みを止めさせる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この淡路夢舞台前のバス停で12:39発のフラワーリングバスを待つ。

向かうは「あわじ花さじき」ですが、次号をお待ちください。

posted by: 春さん | | 13:06 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
紫陽花の明石住吉神社

あじさい第2弾

 

6月20日(木)晴れ

明石市のたこバスはありがたい。

マンションの前まで俺たちを迎えに来てくれる。

行こうとしている住吉神社は山陽電車の魚住駅から徒歩5分。

たこバスは山陽電車の藤江駅まで俺たち2人を50円で運んで

くれる。

住吉神社で23日(日)にあじさい祭りがあるという。

今が見頃に違いない。

 

アジサイの連ちゃんです。昨日とは濃淡様々で少し趣が違います。

ゆっくりとお楽しみください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれ? この紫陽花さっきも出て来たヨ。

気にしない 気にしない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真一文字 ビシッ!

 

 

こちらはまったり♥ハート形です

 

 

 

 

 

播磨灘を臨む

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピンクのカタバミ

 

 

魚住駅までの途中に咲いてました。 大好きなマーガレットです

 

 

紫陽花紀行第2弾 いかがでしたでしょうか

近い内に第3弾も予定しています。 お楽しみに…

posted by: 春さん | | 07:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
森の中のあじさい散策

神戸市立森林植物園

 

6月19日(水)曇り時々晴れ

関西地区の梅雨入りはまだです。

梅雨時の紫陽花…

待ちきれませんでした。

 

6/15〜7/15まで神戸森林植物園で「森の中のあじさい散策」

神戸電鉄・北鈴蘭台駅から無料送迎バスを運行してます。

(三宮バスターミナルからの市バスは土日祝のみの運行です)

 

10:30の臨時便に乗りました

 

 

観光バスタイプで40人分ほどの座席があります

 

 

 

 

 

鮮やかな新緑に目が喜んでる

 

 

 

いきなり赤とんぼのお出迎えです

 

 

あじさい坂を進みアジサイ園に向かいます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もくれん科の「オオヤマレンゲ」花は下を向いています

 

 

 

 

 

ヤマボウシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スイカズラ科のウスバヒョウタンボク

 

美味しそうな実ですが毒があるそうです

 

 

 

 

 

アジサイ園に行く前に長谷池の周りを散策します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イトトンボもいましたよ おかしな格好してますね

 

 

 

 

この辺りは紅葉の季節に来てみたいですね

 

 

 

 

 

 

 

 

見事な♥マークです 完璧!

 

マンサク科のマルバノキだと思います

 

あじさい園に向かいます 

シチダンカが見頃と出ています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これがシチダンカです

 

 

 

 

 

ブルーの紫陽花が歩いてます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウマオイだと思います スイッチョと鳴くはずです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メタセコイアの緑、半端ないです

 

 

 

ここは季節の移ろいを体いっぱいに感じられる空間です。

秋はもちろん、冬場も気にかかっています。

posted by: 春さん | | 10:09 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
消防施設勉強会

毎年やってます

 

6月16日(日)晴れのち曇り

マンションの自衛消防団主催で消防施設勉強会が

集会室集合で9:30から開催された。

 

自主防災組織では「自助」「近助」「共助」「公助」

住民は全員が自衛消防団員です。

 

水消火器を使って実践練習です

位置について…

 

よ〜い  ドン

 

一斉にスタート アッ フライングです フライングがあった模様です

 

 

連結送水管

 

 

防災資機材格納箱の中身

 

 

消火栓

 

毎年のことだけど使わずに済むなら、それに越した事は無いよね

 

きょうはグラウンドゴルフの練習日でしたが、勉強会を選択した

春さんです。

紫陽花の美しい季節になりました。

 

posted by: 春さん | 我家からの風景 | 15:50 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
こんな忙しい日もあります

白日会展音堂多恵子ガラス展

    飲食は梅の花、みつぼし、鳴門

 

6月12日(水)晴れ

行きたい所に行ったという贅沢な一日でした。

  9:30 洗濯を終えて自宅を出る

 

11:00 昭和42年に入社した高卒同期会に出席、阪急ターミナルビル

    「梅の花・梅田店」に集まったのは16名(女性2名)です。

    豆乳鍋をメインにした料理と 

    ビール中瓶3本、燗した日本酒4合(推定)が胃袋に収まった。

 

14:30 あべのハルカス近鉄アート館で初日の「白日会関西展」を観る。

  

 

 

  

白日賞受賞作品

 

 

広田稔先生の作品

 

 

内閣総理大臣賞受賞作品

 

 

白日会会長で日本芸術院会員 中山忠彦先生の作品

「アネモネのある部屋」

 

 

 

白日会関西展の招待券を送っていただいた会員「長尾浩一」先生の作品 

 

 

春さん好みの作品2点

 

 

 

 

 

彫刻部門もあります

 

 

 

16:30 神戸ポートピアギャラリーで開催中の「音堂多恵子 ガラスの

    世界展」を観る。

 

 

開催企画の「恭美堂」さん、音堂先生の作品共々永いお付き合いに

なりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

18:30 簡単な夕食を明石「家庭料理の みつぼし」で摂る。

    ビールナマ中2杯が付いてきました。

 

19:30 地酒屋・鳴門さんの日本酒4合で胃を洗浄し、一日の疲れを取る。

22:30 帰宅

 

長い一日が終わりました

posted by: 春さん | 我家からの風景 | 21:33 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
映画 居眠り磐音

おこんさん&奈緒さん あなたはどっち?

 

6月10日(月)曇り時々雨

9:35から1日1回だけの放映です。

明石・大久保のイオンシネマ明石。

窓口で1100円支払った。

“年齢確認させてください“って言われなかった。

そうか、月曜日はみんな1100円で見られるんだ。

 

原作はシリーズ51冊を数えた佐伯泰英さんの「居眠り磐音」

全作を読破しての作品鑑賞であります。

登場人物のイメージはほぼできていました。

 

今回の映画で、はまり役だと思ったのは

長屋の差配人・金兵衛(中村梅雀)

金兵衛の娘で今津屋の使用人・おこん(木村文乃)

両替商今津屋の主・吉右衛門(谷原章介)

佐々木道場・佐々木玲圓(佐々木蔵之介)

 

逆にイメージと違うなーと思ったのは

今津屋の番頭・吉蔵

今津屋の用心棒・品川柳次郎

同・武村武左衛門

坂崎磐音の父・坂崎正睦

 

坂崎磐音役の松坂桃李さんは、ミスキャストかな?

って、映画を見るまでは思ってました。

歩く後ろ姿などに剣豪としての風格が物足りなかったり、

居眠り剣法の最初の構えは… 違うなーと思ったりしたが、

バイト先での鰻割きや、剣豪としての太刀廻りは気合いが

入っていて良かったと思います。

 

九州・豊後関前藩で坂崎磐音の幼馴染みで許婚・奈緒役の

芳根京子さんはキレイ、花魁姿も美しい。

 

おこん役の木村文乃さんはチャキチャキで気立てが良くって

優しくて情に脆い江戸っ娘。当たり役だと思いました。

 

そしてエンディングはMISIAさんの「LOVED」

きれいな曲でした。

 

 

 

 

 

 

 

posted by: 春さん | 我家からの風景 | 20:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
尼崎の城下町を歩く

D会神戸支部 社寺めぐりハイキング同好会

 

6月8日(土)曇り

ちょっと気がかりな天候でしたが、先ずは決行しました。

阪神・尼崎駅に9時半集合。12人の予定が…

(エッ また誰か無断欠席したの?)

1人増えました。バンザーイ

 

尼崎市はジョーのある尼崎として今売り出し中です。

ジョーとは?

尼崎ジョー(城)はすぐにピンと来ますよね。

他に、人情、愛情、場景(工場夜景)、情熱、情緒、旅情など…

尼崎にはジョーがいっぱいあるんだって。

 

尼崎城

今年3月に再建されました

 

 

 

 

 

城郭画家・荻原一青さんデザインの手拭いです。

全国の城の手拭いを手掛けていて、その作品はちょっと感動ものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

なりきり体験ゾーンで、なりきってるメンバーです。

大人500円の入館料だけで体験できます。

 

 

尼崎城ゾーンで剣術体験を楽しむメンバー

 

 

下は春さんの結果です

武士の称号をいただきました。初めてにしては立派(だと思う)。

その反応の良さは仲間から、まだ免許返納の必要は無いよ って

お褒めの言葉をいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

櫻井神社

 

尼崎城のすぐ南に位置している櫻井松平家を御祭神とした神社です。

天然石でできた伍色珠御守が800円で売られているそうです(未確認)

 

さて櫻井神社と聞いて嵐ファンの感じる所があるでしょう。

そうなんです。ここは嵐・櫻井翔さんの聖地です。

受験シーズンなどはファンでごった返しているそうですよ。

 

関西方面には5人の嵐のメンバーの名前が入った神社があるそうです。

・櫻井神社 大阪府堺市と兵庫県尼崎市の2か所が確認されています

・大野神社 滋賀県栗東市

・二宮神社 神戸市中央区

・松本神社 京都府城陽市

・相葉神社 福井県あわら市(御崎神社の中にある境内神社で、相葉神社と

      神明神社があるそうです)

なお、松本神社と相葉神社の人気はいま一つという情報もあります。

嵐って2020年いっぱいで活動を休止するんですよね。

寂しいね。と言ってるのは家内です。

 

 

 

 

 

世界の貯金箱博物館(尼崎信用金庫)

 

欧米、中南米、アジア、中東など世界62か国の今と昔の貯金箱を

13,000点収蔵、展示しています。

 

元、尼信の本店があった場所で、本金庫の扉が残っています

 

 

時計型や

 

 

アンティーク調のもの

 

 

プロ野球12球団

 

 

銀行頒布品など、見ていて楽しい。

勤務していた会社のものもあり、懐かしく拝見いたしました。

 

尼信会館

 

手前の赤レンガの建物は尼信記念館です

 

 

2F常設展示場の特等席からはこんな落ち着いた風景が見られます

 

 

「太刀銘守家(もりいえ)」

鎌倉時代中期の備前畠田の刀匠、初代守家作の太刀で

国の重要文化財に指定されている銘品です。

寛永17年6月3日(1640年)「本阿弥光温極書」という当時の鑑定書

(下)が添えてある。

 

 

 

 

 

 

 

この写真は日本の紙幣の変遷ですが、コインミュージアムには

日本はもちろん、世界中の貨幣や珍しいコインが展示されています。

 

 

 

ステンドグラス

 

3Fでは「上江洲茂夫(うえすしげお)」展が開催されていました

 

 

本興寺

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本興寺には3棟の重要文化財があります。

 

約400年前、尼崎城築城に際し、城域に散在していた寺院を1か所に

集め寺町とした。本興寺をはじめ11の寺院が軒を連ねています。

国指定の重要文化財7件のほか、県、市指定の文化財も多数あります。

 

時間の都合で全部を回ることができませんでした。

きょうの予定は最後に貴布祢公園で昼食を食べて解散でしたが、予定

時刻を過ぎてしまいました。

駅前の観光案内所の休憩所を借りて弁当を広げる。

 

 

 

 

中央公園に咲き乱れていた純白のユリの花を横目に見て、中央商店街の

居酒屋で反省会に向かったのは6人です。

もちろん幹事の春さんは含まれています。

天気は回復してきました。

 

posted by: 春さん | 旅の景色 | 19:43 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
お伊勢参り

秋の同級生一泊旅行の下見です

 

6月3日(月)晴れ

2日(土)に「ギャラリー一枚の繪」で「絵づくし展2019」の

内覧会と夕食会に招待されていたので銀座まで出かけた。

 

 

1泊して東京から新幹線で名古屋まで行き、近鉄が誇るプレミアム車両

”しまかぜ”に乗り代え伊勢市で下車した。

 

 

 

 

 

 

 

埼玉の中学校同級生7人旅が始まって10年が経つ。

今年は秋に伊勢志摩方面1泊2日の日程が決定している。

今回は西日本なので春さんがホスト役を務める。

昼食場所などを下見しておきたかった。

新緑とともにお楽しみください。

 

 

 

当日、東京組は「のぞみ」「しまかぜ」を乗り継いで宇治山田駅まで

来てもらい、ここで春さんと合流することにしよう。

 

 

 

伊勢型紙の模様

 

伊勢市駅の観光案内で情報を得たところ、宇治山田駅近くの「大喜」

さんが昼食の第一候補に挙がった。

 

 

 

予約すれば個室も用意してくれると言うし、何より美味しい。

皆さんに満足して貰えるだろう。

一発で初日の昼食場所が決まった。

 

 

宇治山田はプロ野球で投手部門最高賞の沢村賞が設立された生みの親、

「澤村榮治」さんの生誕の街でもあります。

 

 

 

 

 

伊勢神宮の外宮まで800mの表示があったので歩いてみた。

 

 

 

が、この距離は微妙。

このあと、外宮、内宮を歩くことを考えるとバスかタクシー利用と

したい。

 

外宮に到着

 

 

外宮(げくう・豊受大神宮)

衣食住をはじめ、すべての産業の守り神としてあがめられています。

  

 

 

 

 

 

 

 境内に立ち入ることはできません

 

 

 

 

 

この鳥居から中を撮影することも禁じられています

 

 

 

 

 

 

御厩(みまや)

正宮をお参りした帰り道、神楽殿の手前を何の気なしに左に曲がった。

北御門口に繋がる通路で偶然に御厩を見つけ、

真っ白な神馬(しんめ)に会えた。

 

笑智号(えみともごう)といい、令和天皇が皇太子時代に乗馬して

おられたという。

 

 

どうやら春さんを気に入ってくれたようだ。立ち去ろうとしたら

ジーっと見つめられてしまった。

 

 

 

 

 

外宮から内宮までは路線バスを利用

「おかげ横丁」は、この時間大勢の観光客でにぎわっている。

 

 

内宮(ないくう・皇大神宮)

皇室の御祖先の神で、日本人の総氏神とも言われています

 

 

 

 

参拝者が心身を清める五十鈴川。その五十鈴川に架かる宇治橋は、

日常から神聖な世界への架け橋と言われている。

 

 

 

 

 

 

 

大木から新芽がニョキッ!

 

 

 

 

 

 

 

 

五十鈴川で一心に身を清める姿が目を引きます

 

 

 

 

 

神宮ですが僧侶一行の姿もありました

 

 

正宮 ここでの写真撮影は、この階段の下までです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マイマイ(カタツムリ)🐌

 

 

松がきれいに剪定されています

 

 

菖蒲祭り開催に備え、鉢が運び込まれていました

 

 

 

 

夏至も近く閉場時間は19時に延びていました。

帰りの時間もあるので17時半ころに宇治橋に帰って来ました。

 

さぁ、おかげ横丁で一杯飲んで帰ろうか

おや おや?

 

お店が開いてない 聞いたら17:30には閉めてます。

11月は17時には閉まってます。 気を付けないといけないね。

 

 

 

春さん しっかりリサーチしていきなよ

ツバメの子供に笑われてしまった

 

路線バスで伊勢市まで戻り、観光案内で情報を得ていた「網元食堂」

さんで夕食を摂りました。

「而今、作」などの地元の銘酒もいただきました。

 

いい店でしたよ 近所ならば通いたい!

24時前に我が家に到着。

あっ 赤福忘れた!(え〜 お土産ないのー)

posted by: 春さん | 旅の景色 | 20:55 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
潮干狩り初体験

近畿随一の遠浅海岸、新舞子で「マテ貝」ザックザク

 

6月1日(土)晴れ

姫路に住んでる長女夫妻の誘いで、

春さん夫婦は潮干狩りを初体験しました。

場所は兵庫県たつの市御津町にある「新舞子潮干狩り場」

 

5/11に貝毒による「あさり規制」が解除され、あさり、ハマグリ、

まて貝、バカ貝等の二枚貝の持ち帰りが可能になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

晴天の土曜日で潮目も良く、大勢の家族連れが押し寄せていた

 

 

 

 

 

ハマグリ、アサリは最初から無視

採れるはずが無いと婿殿の弁、子どもの頃からの潮干狩り達人です。

狙いはマテ貝一本。

 

まてがいは必ず穴を掘ってもぐっているので、まずジョレンで砂をかく。

すると小さな穴が空いているのが見える。
穴に少量の塩を入れるとまてがいは穴からニョキニョキと上に向かって出てくる。
そのときマテガイをつかんで引っ張り上げるのだ。
マテガイは、強くつかむと直ぐに殻は壊れるので指の腹でしっかりつかみます。
大きい物は持ち上げるのに物凄い抵抗をしますから、

あまり抵抗が強い時はそのまま待って無理はしません。

 

 

実践に入ります

 

 

 

 

 

 

 

 

面白いように採れます。楽しいね〜

 

 

小さいのは返しました。

ここに捨てたのではありません。

じっと見ていると、ゴソゴソ動き出して穴を掘ってスッポリと消えて

行きました。

大きくなったら採ってあげるからね!

(どっちみち採られるんかい)

 

 

 

 

 

 

 

水ぬるむ というより温かいです。

十分泳げる水温でした。

 

 

いい雰囲気だなー

 

 

そう言えば入口にこんな案内板があったけど…

金貨見つからなかった。 残念!

 

長女宅でマテ貝を湯がいて食べた。

美味しかったー

バター焼や天ぷらも美味しいよって言ってくれたので、頂いてきた。

 

明石の魚の棚でマテ貝が売られてるのを見たことが無い。

貴重な初体験をした春さん夫婦でした。

 

 

 

 

 

 

 

posted by: 春さん | 家族 | 07:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |